© WORLD FESTIVAL Inc.
© WORLD FESTIVAL Inc.
© WORLD FESTIVAL Inc.
© WORLD FESTIVAL Inc.
© WORLD FESTIVAL Inc.
© WORLD FESTIVAL Inc.
震災10年の知と未来事業 – 東北大学
SCROLL

東日本大震災から10年。

培ってきた知と感謝を胸に、

復興にとどまらない

新たな未来を創り出す。

       

震災10年の知と未来事業について

東北大学は、震災直後の2011年4月に「災害復興新生研究機構」を立ち上げました。
以来、その多様な学知と人材力を活かし、災害科学や地域医療、環境エネルギー、廃炉等、さまざまな震災復興の取組を展開してきました。それは、震災で得られた知や経験、教訓を社会へ還元することが、あの未曽有の大災害を経験した唯一の総合大学として果たすべき役割であり、社会にできるひとつの恩返しであると考えたからです。

震災とその復興による経験と知は、今後私たちが生きていく世界にどう活かすことができるでしょうか。
あらゆる存在が共通の地で、ともに生きる社会とは、どうあるべきでしょうか。
東日本大震災から、今日までいただいた多くの支援への感謝を胸に、皆様と一緒に考えていきます。

プロジェクトについて

第1回 オンラインシンポジウム
災害と生きる
*【事前申し込み不要】【視聴無料】でご視聴いただけます。

繰り返し襲う災害、避けては通れない災害とともに生きる社会とは、どうあるべきなのか。災害に向き合う私たちにどんな未来が待っているのか―。

「震災10年の知と未来事業」第1回シンポジウムは、「災害と生きる」をテーマに開催致します。
私たちにとって身近な、津波災害、気象災害、感染症災害について、最新の研究やそれぞれの災害対策をご紹介するとともに、そこから見える新しい社会の姿について考えます。

【出演者】

災害科学国際研究所
今村 文彦 所長
理学研究科
須賀 利雄 教授
医学系研究科
押谷 仁 教授
オープンイノベーション戦略機構
石川 健 特任教授(ファシリテーター)

特別対談

津波災害×気象災害×コロナ災害から
見えてくるもの

地震、津波、台風、洪水、感染症。
災害から逃れられない我々は、それらにどう向き合っていけばよいのか。
東日本大震災から10年を迎える今、津波災害、気象災害、感染症災害の経験から、災害と生きる未来を考えます。

             

特別対談を視聴する

番外編

レジリエントな社会とは?

第1回オンラインシンポジウム「災害と生きる」特別未公開映像。シンポジウム本編でも登場した「レジリエンス」というキーワードについて、シンポジウムに出演した3名の先生が、それぞれの視点から「レジリエントな社会」を考えます。

番外編を視聴する

講演

東日本大震災以降の災害科学研究と今後の課題

災害科学国際研究所
今村 文彦 所長

講演を視聴する

講演

気候変動に伴う気象・海象災害リスクの増大について

理学研究科
須賀 利雄 教授

講演を視聴する

講演

東日本大震災と新型コロナウイルスへの対応から明らかになった危機管理の課題

医学系研究科
押谷 仁 教授

講演を視聴する

このたびの災害により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。